• 業者紹介 Introduction
  • 失敗しない業者選び It does not fail
  • 引越し体験談 Experiences
  • 引越しFAQ FAQ
引越業者への心付けの相場と
渡し方

引越業者への心付けの相場と
渡し方

  • HOME
  •  > 引越業者への心付けの相場と渡し方

引越業者への心付けの相場と渡し方

運送会社への心付けは運送会社の方々に”感謝の気持ちを伝える事”が1番大切です。以前運送会社で働いていた事がある方にお話を聞いたところ、お年を召した方に「心付け」を渡す方が多く、若い人は心付けを渡さない人が多いということでした。お年を召した方は「無事に引越しを終わらせたい」という気持ちが強いので、少しお金を出したとしても「安全・安心な引越しをしたい」と考えている方が多いようです。

若い人の多くは最近の不景気の影響で引越し費用だけでも大変な為、心づけを渡せるほど余裕がないのが現状のようです。若い人の多くは“心付け”を払うという以前に、引越し費用を抑えたいので、値引き交渉してくる方が多いということでした。

 

誰にいつ渡せばいいのか?

心付けを渡すと渡さないでは作業の仕方が違うのか・・・というと、心付けを渡す方法にそのポイントは隠されているようです。運送会社のメンバーの中には必ず“現場監督”としてリーダーが1人いる体制をとっています。実際のところ、心付けはその現場監督が一人でもらってしまう事も多いそうで、現場監督が一人で心付けをもらってしまった場合、作業員に利益がなくなるわけですから、心付けの効果はそれほど期待出来ないということなんです。

引越し作業の時間が長引くと、作業員は昼食代を自費で出さなくてはならなくなります。作業員はそうならないように必死で仕事を早く終わらせようと頑張ります。作業の途中で昼食に出かける際は、必ず作業員から「今から昼食に行くので作業を一旦中断します」と声を掛けて来ますので、その時に「昼食代にして下さい」と心付けをお渡しすると皆さんに喜んでもらえるのではないかと思います。

 

余裕がなくても感謝の気持ちは忘れずに!

最近の運送会社は他社との競争が激しく、低価格競争の中ぎりぎりの予算で仕事を請け負っている場合がほとんどだとお聞きします。頑張ってくれた作業員に少しでも感謝の気持ちを伝えられるよう、最低でも人数分のペットボトルを用意するという事をおすすめします。

引越し費用がかさんで家計が苦しい場合は心付けを払おうと無理をせずに、ペットボトルの飲料水などを用意して「無事に作業を終えて頂きありがとうございました」と気持ちを伝えればそれで十分ではないでしょうか。

関連キーワード:

この記事と合わせて読まれてる記事