• 業者紹介 Introduction
  • 失敗しない業者選び It does not fail
  • 引越し体験談 Experiences
  • 引越しFAQ FAQ

子供の転校届け

  • HOME
  •  > 子供の転校届け

子供の転校届け

就学中のお子さんがいる引越しの場合は、引越し先の学校へ通えるようにするために転校の手続きをしなくてはいけません。行政地区によって手続きが違っていたりしますので、引越しが決まったら早めに担任の先生に相談しておきましょう。

同じ転校届けでも、義務教育の小中学校と義務教育ではない高校の場合とでは、手続きが異なってきます。公立か私立かによっても手続きの流れが変わってきますのでご注意下さい。

 

小中学校

一般的な転校届けの手続きは以下の通りです。

  • まず保護者が通学中の学校へ転校届けを提出します

転校届けの用紙は学校に準備されています。提出の際には“印鑑”が必要です。転校届けを提出すると、学校側から「転校確認書」という書類が発行されます。

  • 「転校確認書」を持って市区町村役場へ行き、転出届けと一緒に提出します

市区町村役場からは転出証明と転出学通知書が発行されることになります。

  • そのうちの転出学通知書を現在通っている学校に提出します

学校から在学証明書と教科書給与証明書というものが渡されます。

 転校したことが無い人には意外と知られていない“転校届けの出し方”ですが、こんなに面倒な手続きが必要なんですね。子供の頃誰でも一度くらいは“転校生”と遭遇したことがあるかと思います。彼らの両親はみんな、このような手続きをして転校していたんですね。

転入手続き

転入手続きの際は、引越し先の市区町村役場で転出証明と一緒に在学証明書を提出します。市区町村役場では、転入通知書が発行されます。転入先の学校には、前の学校で発行された在学証明書と引越し先の市区町村役場で発行された転入通知書を持って行きます。

義務教育の転校手続きはこのような流れです。

 

高校

高校においての転校手続きは各都道府県によって異なりますので、都道府県教育委員会に問い合わせして確認してみて下さい。条件に“引越し先で通うための高校に欠員があること”があげられます。

高校は定員が決められていますので、一定以上の人数は受け入れてもらえない状況があります。欠員があったとしても転入する為には“編入試験”を受けて合格ラインを突破する必要があります。高校生の転校は子供にとって“チャンス”にもなりますが、親しい友人との別れや編入試験はストレスが掛かってしまう方が多いかもしれないですね。

関連キーワード: