• 業者紹介 Introduction
  • 失敗しない業者選び It does not fail
  • 引越し体験談 Experiences
  • 引越しFAQ FAQ

郵便局への転居届

  • HOME
  •  > 郵便局への転居届

郵便局への転居届

引越しが決まったら、お近くの郵便局の窓口に”転居届け”を出すようにしましょう。郵便局の窓口に転居届けを出しておけば、1年間、旧住所宛の郵便物等を新しい住所に無料で転送してくれます。

※転居届けを出してから1年間経過した後、再度同様の手続きを行うことによって更新することも可能です。

手続きさえすれば1年間も無料で新しい住所に旧住所の郵便物等を転送してくれるなんてさすが日本の郵便局ですね。

 

手続きを怠ると・・・

もしもこの手続きをしない場合は、元いた住所に郵便物が届けられてしまいます。次に住む人に迷惑を掛けてしまいますし、受け取りたい郵便物がきちんと受け取れなくなってしまって、自分自身も困ってしまいますので、転居届けは出しておくことをおすすめします。

世の中には悪い人もたくさんいますので、個人情報を勝手に閲覧されてしまったり・・・悪質な事に使用されてしまう可能性もあります。「自分の身は自分で守る」為にも、転居届けは引越し前に手続きしてしまうことがおすすめです。

 

転居届の出し方

転居届けの用紙は全国の郵便局に置いてありますので、必要事項を記載して郵便窓口に提出してください。郵便局に手続きに行く際は、必要な持ち物がありますのでご準備下さい。

郵便局の転居届けの手続きに必要なものは以下の通りです。

  • 本人確認書類として、運転免許証・各種健康保険など
  • 旧住所が確認出来る運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・もしくは住民票などの官公庁が発行した住所の記載があるもの

 

また郵便局にある「転居ハガキ」に必要事項を記載し、ポストへ投函(切手は不要です)するという方法もあります。最近では“インターネット”で転居届を受け付けてくれる方法もあります。忙しくて郵便局に行く時間がない人はこちらの方法を利用すると便利かと思います。

※申し込む期間は引っ越す前でも、引越ししてからでもいつでも大丈夫です。
※一度の申し込みでご家族6人分まで登録出来ます。

インターネットでの受付方法は細かい指定があるようですので、手続きの直前に郵便局のホームページで確認することをおすすめします。

 

補足ですが、郵便貯金がある場合は転居届けと一緒に手続きしてしまうと便利ですよ!「通帳・届出印・身分証目書」を持参し転居届けと一緒に住所変更の手続きしてしまえば、一度で変更手続きを済ませることが出来ますので一石二鳥ですよ。

関連キーワード: