• 業者紹介 Introduction
  • 失敗しない業者選び It does not fail
  • 引越し体験談 Experiences
  • 引越しFAQ FAQ

電気、ガス、水道などの引越し手続き

  • HOME
  •  > 電気、ガス、水道などの引越し手続き

電気、ガス、水道などの引越し手続き

電気・ガス・水道

まずは「電気・ガス・水道」の解約手続きです。

解約日は古巣を離れる日と同じ日にすると便利ですよ。万が一引越しをする前に設定してしまうと「電気が使えない!」「ガスがつかえない!」という事態が発生してしまうかもしれません。各連絡先は“毎月もしくは隔月で自宅に送られてくる領収書”や“最初に契約するときに渡された用紙“などに記載されていますので、チェックして連絡してみましょう。

電気

電気会社は引越しする旨を連絡すると、引越し当日に電力会社の人がやって来てメーターを確認し、料金の精算をしてくれます。

ガス

ガス会社も引越し当日に料金の精算に来てくれます。(※新居でのガス供給開始日には立会いが必要なのでご注意下さい。

水道

水道会社もこちらから電話をして、領収書に記載してある「お客様番号」「住所」「氏名」「引越し日時」を伝えます。引越し当日に係員が来てメーターを確認し、料金を精算してくれます。(※後日精算も可能です。)水道については解約と同時に新居の情報も伝えてしまって下さい。そうすれば新居のことで連絡する手間が省けて便利ですよ。

 

NHK

NHKについては「住所変更」が必要です。(※実家などから新たに引っ越す場合は不要です。)

引越し先に集金に来た際に手続きを行ってもよいですし、フリーダイヤル0120-151515に掛けて変更することも可能です。郵便局には備え付けのNHK住所変更届けがあります。これに必要事項を記載して提出することも出来ます。最近ではインターネットからNHKオンラインでも住所変更が可能です。

NHKは手続きの変更方法が様々あって便利ですよね。

 

電話

残りは固定電話・携帯電話の変更手続きです。

固定電話は地域が変わると“解約”しなければなりません。電話で116に連絡して下さい。電話工事は予約制で、1ヶ月前から受付けています。シーズンによって混み合うこともあるそうなので、引越しが決まったら早めの連絡がおすすめです。電話の移転は「NTT東日本」と「NTT西日本」とに分かれます。

携帯電話は最寄りの携帯ショップかインターネットから変更手続きが可能です。

 

「やる事が多くて面倒くさい」と思うかもしれませんが、それぞれの手続きは短時間で終わってしまいます。私は3年前にこれらを一通りやった経験がありますが、どの会社の電話対応の方も本当に親切でした。数は多くてもささっと終わるものばかりです。がんばってやってしまいましょう!

関連キーワード: