• 業者紹介 Introduction
  • 失敗しない業者選び It does not fail
  • 引越し体験談 Experiences
  • 引越しFAQ FAQ

賃貸借契約の解約手続きの流れ

  • HOME
  •  > 賃貸借契約の解約手続きの流れ

賃貸借契約の解約手続きの流れ

賃貸物件に住んでいる方が引越しすることになった場合、不動産会社または大家さんに「賃貸物件の解約通知(解約手続き)」を行わないといけません。

 

賃貸借契約の解約方法

賃貸借契約を解約する方法は「賃貸借契約書」に必ず記載されていますので、まずは「賃貸借契約書」の内容を確認してみましょう。一般的に「退去時の1ヶ月前までに口頭または書面によって伝える」と記載されていると思います。物件によっては2ヶ月前・3ヶ月前までに連絡するようになっていることもありますのでご注意下さい。早めに「賃貸借契約書」を確認しておくことがポイントの一つですよ。

「賃貸借契約書」を受け取ったはずだれども・・・どこかにいってしまった!という「賃貸借契約書」を紛失してしまった場合は、早めに管理している不動産会社に連絡しましょう。

 

残念ながら引越しが決まったにも関わらず、古巣の契約をスムーズに解約出来なかった場合は、2~3ヶ月分の賃貸料を古巣分・新居分で重複して支払わないと行けない状況になってしまいます。新居のために敷金・礼金・引越し費用などのお金が必要なのに、家賃の重複はかなり痛い出費になるかと思います。とにかく早めに「賃貸借契約書」を確認し、家賃の重複が起こらないように準備をしてしまいましょう!きちんと確認さえすれば何も怖いことはありません。

 

解約月の家賃

解約日が月の途中の場合、その月の家賃は日割りで計算することが多いようです。入居者が月の途中で古巣を離れたい旨を不動産会社に連絡すれば、不動産会社が日割家賃額を計算してくれるそうです。

 

引越し当日

引越しの日には大家さんまたは不動産会社に立ち会ってもらって室内をチェックしてもらいます。中には立ち会わない大家さん・不動産会社もあるみたいです。立会いが終わったら「鍵」の返却です。その後数日~数週間以内で“戻ってくる敷金の金額”が決定します。

敷金を引越し費用や新居の費用の為に、あてにしている人も多いですよね。一般的には退去後1ヶ月以内を目安に入居者の口座に振込まれます。引越しする当日にかえってくるものではありませんのでご注意下さい。

関連キーワード:

この記事と合わせて読まれてる記事