• 業者紹介 Introduction
  • 失敗しない業者選び It does not fail
  • 引越し体験談 Experiences
  • 引越しFAQ FAQ

布団など、かさばるものの梱包

  • HOME
  •  > 布団など、かさばるものの梱包

布団など、かさばるものの梱包

布団は引越しの際にかさばる物の代表的な存在です。家族が多いと布団だけでかなりのスペースを使用してしまいます。特に羽毛布団の場合、重さはありませんが空気を含んでいるので結構な大きさになりますよね。

布団はパソコンのように“壊れてしまう”ということはないかもしれませんが、出来るだけ清潔に汚さずに梱包し新居に運びたいものです。「寝室で食べ物は一切食べない」「寝室は清潔にしておきたい」「寝具は大切に扱いたい」などど、寝具を清潔に使用・保管されている人は多いと思います。めんどうですが布団はなるべく丁寧に梱包し、新居でも清潔な布団で寝られるようにしましょう。

 

布団の梱包で失敗しがちなのは“布団と一緒に別の物を詰め込んでしまう”という事です。運送業者さんは布団を中途半端に出来た隙間を埋める為に使ったりします。その際に布団の中に割れ物などが入っていると、かなりの確率で破損してしまうのです。布団の梱包は軽くて隙間がありますが、他のものはなるべく入れないようにしましょう。

 

布団の梱包と言えば“布団圧縮袋”ですよね。

布団圧縮袋の事を、聞いた事がある人・知っている人・使った事がある人は多いのではないかと思います。荷物の量が増えるとそれだけ運送費用が掛かりますので、布団のようなかさばるものは、出来るだけ量を減らしたいところです。

布団圧縮袋を使用すれば、布団を圧縮できるので荷物を減らすことが出来ます。使わない布団は圧縮袋に入れておけば、新居での収納にも便利ですよね。防虫対策にもなりますし、清潔に布団を保管しておくことが出来ます。

最近は圧縮袋の種類や価格に幅が出てきていますので、引越しのタイミングで探してみれば、改良されて便利になった圧縮袋に出会えるかもしれません。

圧縮袋が用意出来なかった場合は、布団を丁寧に畳んで袋に入れてまとめてしまいましょう。

 

ベットは出来るだけ分解しておき、あとは運送業者さんに任せてしまいましょう。元の家の玄関や新居の玄関の大きさによっては、ベットを解体しなくて済む場合があります。玄関が小さい場合はクレーン車で窓から運ぶ場合もありますので、一度引越し業者と相談することをおすすめします。

関連キーワード:

この記事と合わせて読まれてる記事