• 業者紹介 Introduction
  • 失敗しない業者選び It does not fail
  • 引越し体験談 Experiences
  • 引越しFAQ FAQ

パソコンなどの精密機器の梱包

  • HOME
  •  > パソコンなどの精密機器の梱包

パソコンなどの精密機器の梱包

引越しする時に「どうやって梱包したらいいか」1番迷ってしまうのが“パソコンなどの精密機器の梱包”です。パソコンに慣れていない人にとって、パソコンは「運ぶのが厄介な品物」ですよね。

 

 運び方

普段パソコンを使ってインターネットで検索することは出来ても、引越しの梱包となると話は別です。運送業者によってはパソコンが保険(運送保険)の対象外になっているということもあるそうです。運送中にパソコンが壊れるなど“万が一の事”を心配する方であれば、“パソコン宅急便”の利用をおすすめします。

利用利点は以下の通りです。(※これはある運送業者の例なので各会社によって詳細は異なります。ご確認下さい。)

  • 運送業者が自宅に来てその場でパソコンを梱包してくれます。自分で梱包する必要がありません。
  • 電話一本で自宅まで集荷に来てくれます。
  • 当日午前中(12時まで)に依頼した分は、その日中に集荷に来てくれます。

運送業者によってはその他に30万円までの補償がつく場合もあります。

 

データのバックアップ

次に重要なのはパソコンの“データバックアップ”をとることです。

運送中にパソコン本体が壊れてしまった場合、いくら優秀なエンジニアがいたとしてもデータの復旧は不可能になります。特に大事な写真などは思い出が詰まっている人も多いと思いますので、簡単にUSBメモリーなどに保存しておく事をおすすめします。写真などの小さいデータ量であれば、最近は100円ショップでUSBメモリーを購入することも出来ますよ。

引越しは忙しくて時間がない人にとっては面倒くさいものですよね。しかし“しないよりする”方が引越し当日に安心出来ると思います。

 

自分で梱包するなら

ある程度パソコンに詳しいので「自分で梱包する!」という方はまずは配線を外してしまいましょう。再配線が心配な方は各ケーブルにテープを貼るなどして目印をつけておくと便利です。

次にパソコン本体を毛布やバスタオルなどで包みます。精密機器は静電気を発生させない状態にすることも重要です。少し大きめの段ボールを用意して少し多めの緩衝材を下に引きます。そしてパソコンをゆっくりと移動させて段ボールの中に入れます。次に周りの空いたスペースが全部埋まるように緩衝材を入れてパソコンが動かない状態にしましょう。外付けのハードディスクやルーターなどの周辺機器も、同じように注意しながら梱包しましょう。

どうしても心配な人はパソコンを“自分で新居に持っていく”という方法も一つのやり方だと思います。

関連キーワード:

この記事と合わせて読まれてる記事